転職

仕事を変えたいけど勇気が出ない人に知ってほしい「未来を変える転職」

「今よりやりがいの持てる仕事にをしたい。でもうまく転職できるか分かんないな…」

「転職したいけど、社内の人たちにばれたら大変なことになりそう…」

転職したいという気持ちはあるけど、勇気が出せず転職活動をすることに踏み切れないことってありますよね。

ですが仕事に対して辛さや不満を持ったまま働き続けてもいいことは何一つありません。

我慢はストレスを生みますし、いきいきと働くことが出来ていなければ私生活も楽しいと感じることができません。

今回は勇気を出せず転職活動に踏み切れていないあなたへ「転職が秘めている可能性」について、これまで転職を3度してきた僕の経験談も交えながら紹介していきます。

仕事を変える理由はポジティブじゃなくていい

転職をするときは「ポジティブな理由」がないとしてはいけないものと思っていませんか?

確かに「年収を上げたい」「裁量を与えてくれる環境で色んなことに挑戦したい」など前向きな理由で転職することが望ましいです。

面接でも「今の会社は休みが少なくて給料も低いので…」や「人間関係が嫌になって…」などマイナスなこ発言は企業側へマイナスイメージを与えてしまうので、基本的に言ってはいけないことになっています。

ですが多くの人は「今の仕事・職場に不満があるから」という理由で転職に踏み切りっています。

あなた以外にも、今より恵まれた環境や働きがいの持てる仕事をしたいと転職活動を行っているので、まずは求人サイトや転職エージェントに登録することから始めてみてはいかがでしょうか。

転職は当たり前の時代になっている

ひと昔前は新卒入社した会社で定年まで勤め上げるという考えが強かったですが、いまはアメリカと同じくらいに日本でも転職が身近な存在になってきています。

周りの知り合いや友人に転職している人が少なくて転職しづらいといった場合でも、一歩外に踏み出せばみんな転職の1度や2度経験しているので気兼ねなく転職活動していきましょう。

ぼくが仕事を変えた理由

ぼくは3度の転職をしてきました。

正直に言うとすべて「ポジティブ理由」で転職してきたわけではありません。

  • 仕事量が多すぎて嫌になった

  • 同じ仕事をひたすら処理していく日々に将来の不安を感じた

  • いきなり任された仕事が分からないことだらけで自信を無くした

  • 休みが少ないのが辛かった

  • 仕事が好きになれなかった

  • 社長の人格が理解できなかった

  • 上司のパワハラに耐えられなかった

  • 内部統制がボロボロで会社の将来性に不安を感じた

  • 職場の人でどうしても好きになれない人が数人いた

ぱっと思い出しただけでもこれだけの転職に至った「マイナス理由」が出てきました。

だから転職の理由にポジティブさはなくても大丈夫です。

しかし闇雲に転職活動をしてしまうとぼくのように「失敗転職」を繰り返してしまいます。

失敗転職を繰り返したくない人はこちらの記事をどうぞ。

次の転職を失敗したくない人に読んでほしい!転職で失敗しない為の心得「こんな仕事やるはずじゃなかった」 「職場の人間関係がギスギスしていて居心地が悪い」 「イメージしていたよりも活躍出来ていな...

まとめ:少しの勇気があなたの未来を変える

耐えられないほど仕事への辛さや不満を抱えているなら、勇気をだして転職しましょう。

転職という一歩を踏み出すか踏み出さないかで、あなたの未来が明るいものになるかどうかが決まります。

転職でいきいきと働けるようになり幸福度をあげていきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です