転職

実は出来る人がおおい!?「経理」からの転職が成功しやすい4つの理由

どこの企業にも必ずいる「経理」。

では経理はどんなことをしているんでしょうか。

一言で表すと「経営成績と財産状態の管理」をしています。

僕自身もいまは経理の仕事をさせて頂いており、数値管理やお金の管理などをさせて頂いています。

そんな「経理」からの転職ですが、ほかの職種と比べと内定など頂ける確率が高いんです!

実際、僕も経理からほかの職種へ転職する際は「経理」での経験や知識を評価して頂き転職をスムーズに進めることができました。

ではなぜ「経理」からの転職が内定率を高くしているのかを解説していきます!

そもそも経理って何をしてるの?

経理は以下のような仕事をしています。

  • 売上管理
  • 入出金管理
  • 支払業務
  • 経費精算
  • 売掛金・買掛金の管理
  • 試算表の作成
  • 予算管理

ぼくもこのような仕事を日々させて頂いています。

ぼくが経理に魅力を感じているポイントは「企業の経営成績を形作ることができる」というところです。

いくら売上を上げていても、きちんとした数値管理がされてないと決算表(企業の経営成績や財産状態を表したもの)では赤字になっているということも少なくありません。

経理という企業の経営数値を管理する部署があるからこそ、正確な経営状態が明確化され、利益向上させるための施策立案・運用などの意思決定が正しくなされます。

経理という経験が転職時に評価される理由

経理からの転職が企業に評価される理由は主に4つあります。

お金についての知識がある

  • お金の稼ぎ方
  • お金の貯め方
  • お金の増やし方
  • お金の借り方

これらの知識について、日々の実務を通して自然と知識が身につくのが経理。

とくに「お金の貯め方」については、経理の「変動費」「固定費」という考え方が理解できていると計画的に貯められるようになります。

数字に抵抗がない

数字に抵抗を持っている人って多いですよね。

かくいう僕も、学生時代は数字が大嫌いで数学なんて赤点ギリギリとることもざらにありました…

でも経理の仕事をするようになってからは徐々に数字への抵抗感が薄れてきました。

毎日のように数字を扱っているので単純に慣れてきます。

数字への抵抗があると、どんな仕事でも数値化できず感覚で仕事をしてしまい失敗してしまうケースが多いので、数字への抵抗がないというのは強みです。

数値の整理ができる

経理の仕事は日々の伝票処理だけではなく、企業の経営成績や財産状態をまとめあげ、経営層へ報告するという役割も担っています。

そのためには損益計算書や貸借対照表といった、企業の経営状態を表す資料を読める知識が必須となります。

この過程で、数字をまとめあげる能力・数値を読み解く力を鍛えられるので数値の整理ができるようになっていきます。

Excel操作が上級レベル

どんな仕事でもよく使われる表計算ソフト「Excel」。

経理の仕事でもExcelを使いますが、ほかの仕事と比べ圧倒的に使う頻度は多いです。

どのくらい多いかというと、1日8時間労働だとしたらこのうち半分以上はExcelを使っています。

企業によって異なると思いますが、ほかの仕事と比べてExcel使用頻度が多いのは確実といえます。

なので必然的にExcelを使った関数やグラフ作成、集計作業などのスキルが身につきます。

Excel上級レベルはとくにバックオフィス職だと人気の求める人物像となっているので、経理以外の職種でも有利に転職を進められます。

まとめ:数値への抵抗がない人材が転職を制する

経理という仕事を通じて、数値管理やお金、Excelについての知識・スキルを身に付けることで数字に強い人材となります。

数字に強い人材はどこの企業ものどから手が出るほど欲しています。

経理という仕事につかずとも、いまの仕事を数値化したり簿記の勉強をすると数字に強い人材に近づくことで出来るのでどんどん数字に挑戦していきましょう!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です