転職

応募企業数を何となく多くしてない?転職時に守るべき【3つの応募ルール】

転職活動は、気になった企業に「応募」することから始まりますよね。

主に下記の項目の中である程度の応募条件を事前に決めたうえで、その条件を満たしている企業に応募している人がほとんどだと思います。

  • 業界
  • 職種
  • 業務内容
  • 給与
  • 休日数
  • 勤務地
  • 企業規模
  • 職場環境
  • 一緒に働く人たち
  • 活躍できる環境が整っているか

自分で決めた条件を満たしている企業があったら、迷わずにたくさん応募したほうがいいと思います。

しかし書類審査がなかなか通らなくて、仕方なく条件を引き下げ応募するということをしていませんか?

僕も転職活動をしていた時、なかなか書類審査が通らずに応募条件を引き下げて再び応募をしてやっっと面接にこぎつけるということを繰り返してました。

結果的に入社後、ミスマッチやブラック企業であった、相性が合わなかったなどの早期離職に繋がってしまう結果となってしまいました。

そこで今回は、早期離職を防ぐための「求人に応募するときに最低限守るべき3つのルール」を紹介していきます。

①一度きめた応募条件は出来るだけ変えない

転職を決意するときはいま働いている環境に不満があるか、今の状態よりもっとよい環境を求めているときのどちらかになります。

そして転職活動をする際に、具体的に次の会社ではどんなことを叶えていきたいかを「応募条件」として考えていきます。

その応募条件を叶えるために転職を決意したのに、書類審査になかなか通らないからと言って条件を変えてしまい、転職先を決めてしまうとその後どうなってしまうか想像はつきますか?

  • ミスマッチを引き起こしてしまう(仕事内容、働く環境など)
  • ブラック企業で働くハメになってしまう(ハラスメント上司、長時間労働など)
  • やりたくない仕事をしなければいけなくなる(やりがいを感じない)
  • ワクワクした気持ちで仕事に取り組めない

そう、上記のようなことになってしまいます。

そして今の不満ばかりの状況を打破するためにまた転職に走ってしまうんです。

僕はこのパターンで転職の失敗を繰り返してきてしまいました。

なぜこのような失敗を繰り返してしまっていたか。

その理由は「転職活動に期限をつけていた」からです。

転職活動に期限を設けることは、メリハリをつけるうえでとても大切なことです。

しかし期限という「ノルマ」を達成するために応募条件を変え、なんとか内定をもらおうという行動をしてしまい結果的に自分が望んでいない環境で働くということを繰り返してしまいました。

なので転職活動を終わらせる期限よりも、自分が納得できる企業を探すことに重きを置きましょう。

どうしても決まった期限で転職を実現したい場合は、求人応募できる媒体(複数の転職サイトや転職エージェント)を複数利用して応募できる求人母数を増やしていきましょう。

②応募条件は満たしてるが、直感で違うなと思った企業は応募しないほうがいい

求人を見ていて、自分が決めている応募条件はクリアいるけどなんか違うんだよな…

求人を見ているときにこんな違和感を抱いたことってありませんか?

僕は求人を見ていて、以下のような場合に違和感を感じたことがあります。

  • 写真に写っている人たちの顔に覇気がない
  • 写っているオフィスが汚い
  • 仕事内容と求めて人物像に明らかな矛盾がある
  • やたらと入社後のキャリア形成について強調している
  • 仕事内容は難しくありませんなど、やたらと仕事内容についてのハードルを低くしている

直感とはすごいもので、意外とあたるものです。

直感でこの企業はなんか違うなと感じたら出来るだけ応募しないようにしましょう。

どうしても応募したいという場合は、面接に進めた時に違和感を覚えた箇所を必ず面接官に聞いて違和感を解消させることに努めた方がいいです。

③応募条件を引き下げるときでも、「ワクワクできるか」の判断基準は持っておこう

僕のように短期間での転職を繰り返していると、どうしても決めていた応募条件では書類審査を通過することが出来ずに仕方なく応募条件を引き下げなければいけない場合もあります。

僕の場合は、以下の項目の条件を引き下げていました。

  • 給与
  • 休日数
  • 勤務地
  • 企業規模

しかしこれだけではなく、いつの間にか「仕事に対してのワクワク感」を持てるかどうかも応募条件から外れていたんです。

突然ですがあなたは「仕事へのワクワク感」を今の仕事に持てていますか?

持てている人は、いまの仕事に対して誇りや楽しさを感じていると思います。

反対に持てていない人は、仕事が労働(働く時間は短いほうがいい、働いている時間は自分の時間ではないと感じてしまう)と感じていて、労働している時間が苦痛でしょうがないと思います。

さて、あなたは「仕事へのワクワク感」は必要だと思いますか?

答えは決まっていますよね。

なので応募条件を変えるときでも、必ず「仕事へのワクワク感」が持てるかどうかという判断軸はしっかり持っておきましょう。

まとめ:応募条件は基本変えない事が、転職成功の第一歩目になる

一度きめた応募条件というのは、今の環境を鑑みて決めた「あなたが次の会社で叶えたいこと」が詰まったものになります。

これを仕方なく変えてしまうということは、次の転職先でも今の環境と同じかそれよりもひどい環境で働くハメになってしまいかねません。

転職する期限が決まっていたり、とりあえず今の職場から早く離れたいなどいろんな「早く転職したい」理由があります。

でも焦らず、「あなたが次の会社で叶えたいこと」が実現できる会社と出会えるまで辛抱強く転職活動を続けることが、納得いく転職をかならず実現してくれます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です