転職

未経験から経理への転職って難しい?今の経験を武器に出来れば簡単です【現役の経理マンが語る】

転職をするときに事務職を目指す方は、ほかの職種に比べて多いのではないでしょうか。

事務職といっても、営業事務や一般事務などいろんな種類がありますがその中でも「経理」は事務職の中で人気があります。

会計・税務に関する知識を身に付けられるし、経理のスキルや経験を身に付けることができればつぎ転職することになっても企業選びで困ることはありません。

しかし、経理の仕事をするには簿記の知識など一定の知識・スキルが必要という認識があります。

簿記の知識全くないし、数字を扱うのも得意じゃないしと経理への転職をあきらめてしまう方もいるかと思います。

今回はそんな経理への転職について、皆さんが思っているほどハードルは実は高くないということを現役で経理をやっている僕が解説していきます。

そもそも経理ってどんな仕事をしてるの?

経理への転職を考えたときに、経理って具体的にどんな仕事をしているかイメージをつけることができていますか?

また何となく経理って難しい計算とかしてそうだなと、経理の仕事に対してハードルを上げてしまっていませんか?

担当する業務内容によって難易度は変わってきますが、よほど経理の経験が豊富でない限りは最初から難しい仕事は割り振られないので安心してください。

では具体的にどんな仕事をしているかは以下の通りになります。(企業によって経理の仕事内容が異なってくるので、今回は代表的なものを挙げています)

  • 経費精算(領収書をもとに会計システムへ入力)
  • 小口管理(現場などで使用している小口運用の管理。使用内容の確認や会計システムへ入力)
  • 各種伝票処理(口座引落書類などが届いたら会計システムへ入力)
  • 預金合わせ(実際の口座残高と会計システム上での口座残高を合わせる)
  • 売上計上(会計システムへ売上の入力)
  • 売上入金処理(現金やカード会社からの売上入金があったときに会計システムへ入力)
  • 売上合わせ(posなどで計上されている売上が会計システムと数字が一致しているか確認)
  • 原価合わせ(現場から報告が上がってきた原価数値と会計システムの数値が一致しているか確認)
  • 月次決算(1ヶ月間の会社の成績が正しい数値に会計システム上なっているかを確認)
  • 経費・仕入の計上(請求書が届いたら会計システムへ入力)
  • 処理科目の判定(請求書や領収書の内容によって、会計システムへ入力する科目を判断する)
  • 固定資産の管理(帳簿に乗っているものが現物としてちゃんと残っているかの確認や、固定資産がなくなった時の会社システムへの入力、減価償却費の計上など)
  • 振込(請求書などを見て、ネットバンクなどで振込処理)

ほとんどは会計システムへの入力や、エクセルを使った集計・確認業務がメインになってきます。

なので簿記の知識よりもPCスキル(どんなシステムも使いこなせる)やExcelスキル(関数や集計機能を使いこなせる)が活きてくるといえます。

また、いま挙げた経理の仕事でも会社によっては一部を税理士事務所などにお願いをしている場合があります。

ぼくが今働いている会社も、固定資産の管理や税務申告など専門知識が必要な部分は税理士事務所にやってもらっています。

なので、税務申告や決算処理など難易度が高い仕事をいきなり振られるということがないので、自分の成長度合いに応じて色んな業務に携わることができています。

未経験から経理の仕事を目指す場合、いきなり難易度の高い仕事を振られてもこなせる自信がないという方は税理士事務所などに一部業務を委託している会社を選ぶのも一つの選択肢としてあります。

簿記の知識は最初はなくてもOK

未経験から経理の仕事へ転職をするときに、簿記の知識が必ずなくてはならないと思っている方が多いと思います。

なかには日商簿記の資格を取得してから転職活動を始める方もいます。

でも簿記の知識は、経理の仕事をやり始めて毎日の仕事を通して身に付けることはできます。

知識をつける勉強を事前にすることは大事ですが、実務を通して覚えるのが知識やスキルが身につくのは早いですし、記憶にも残りやすいです。

実際ぼくは高校で簿記を勉強して卒業後に経理の仕事に就きましたが、勉強した簿記知識で活きたのは仕訳の部分くらいです。

とはいっても、事前にある程度の簿記知識をつけておきたいという方は日商簿記3級のテキストを読むことをおすすめします。

経理の仕事をしていくうえで、日商簿記3級の知識があれば全く問題ありません。

将来的に経理のプロフェッショナルを目指したいとなったら、その時に日商簿記2級や1級、税理士や会計士の資格を取得すればいいだけです。

今までの経験を経理に活かそう

未経験から経理の仕事につくのはそこまで難しくないという話をしてきましたが、とはいっても書類審査や面接などでは経理への適性や意欲があるかなどを見られます。

経理の経験があるなら、今まで携わってきた業務内容をアピールできますが未経験の場合そうはいきません。

そこで今までの経験を経理の仕事につなげたアピールを行うことが重要になってきます。

【営業→経理の場合】

日々の営業活動を通じて培ってきたコミュニケーション能力(どんな年代の方ともフランクに接することができる、懐に入るのが上手いなど)

→経理は他部署とも連携が必要になってくる部署なので、密な連携をとって日々の仕事を効率的に進められる。

【一般事務→経理の場合】

日々のパソコン作業で身に付けたExcelスキル(関数や集計など)

→経理ではExcelを使う仕事が多い。

一般事務で身に付けたExcelスキルを活かし、素早い処理と関数や集計機能を使いこなして業務効率化や仕組みづくりなどができる。

まとめ:未経験でも今までの経験を武器に経理へ転職はできる。経理スキルは実務を通して身に付けよう

経理への転職は未経験からでも実現できます。

そのためには選考のとき、今までの経験が経理の仕事に活かせるということをアピールすることが大事です。

未経験の人に求めているものは、簿記の資格を持っているかや知識をもっているかではなく「経理の仕事に適性があるか、そして意欲があるか」なんです。

知識やスキルは転職が決まって働き始めてから、実務を通して身に付けるという流れで大丈夫です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です