転職

次の転職を失敗したくない人に読んでほしい!転職で失敗しない為の心得

「こんな仕事やるはずじゃなかった」

「職場の人間関係がギスギスしていて居心地が悪い」

「イメージしていたよりも活躍出来ていない」

転職出来たのはいいけども、働き始めてみたらイメージしていた仕事や職場環境とは違っていたという事があります。

僕もこれまで3度の転職をしてきましたが、その内2回は「失敗転職」をしてしまいました。

次の転職は「失敗転職」をしたくないというあなたに、今回は「失敗転職」をしない為に必要な以下3つの心得を紹介していきます。

  1. 「専門性」と「経験」を整理する
  2. 「働きやすさ」を具体化する
  3. 「活躍の可能性」がある企業を選ぶ

「失敗転職」は、転職活動前の準備不足が原因

失敗転職をしてしまう原因としては、転職活動前の準備不足が主な原因になってきます。

転職しようと思い立ったら、あなたは初めにどんなことを考えますか?

  • 業界・職種はどんなものにしようかな
  • 勤務地はどこら辺がいいかな
  • 休みの数は何日くらいあればいいかな
  • 給料はこのくらいほしいな

このように転職先に求める「条件」を真っ先に考えると思います。

たしかに条件が大事だという気持ちはすごく分かります。

ですが条件に魅力を感じて入社をしたのはいいけれども、

「仕事にやりがいを感じられない」

「職場の雰囲気が悪くて働きづらい」

「上司とそりが合わない」

などという事態になってしまっては、また転職を検討せざるを得ない状況になってしまいます。

転職活動を始めるにあたって条件を決めておくことは大切です。

でも失敗転職を繰り返さないためには、条件以上に「自己分析」と「転職における方向性の整理」をすることがとても重要になってきます。

「専門性」と「経験」を整理する

初めに自分の強みや体験してきたことを整理していきましょう。

具体的には以下の2つの軸で整理していきます。

専門性 職種に近いもの。

例)営業・会計・プログラミングなど

経験 職種に紐づかない技術。

例)リーダーの経験・システム導入責任者の経験など

あなたは「専門性」と「経験」それぞれいくつずつ挙げられましたか?

多く挙げられた人もいれば、あまり多く挙げることができなかったという人もいると思います。

でもここで重要なのは「数」ではなく「専門性と経験の整理整頓」をすることです。

失敗転職をしてしまう主な例として、自分の専門性と経験を発揮できない企業を転職先に選んでしまったというものがあります。

福利厚生などの条件面を優先しすぎると、自分の強みを活かせずモヤモヤした気持ちを持ったまま働き続けることになってしまいます。

なので、福利厚生よりも「専門性と経験」を考えて転職先を選んだほうが長い目で見るとベストです。

福利厚生は会社の業績などでなくなったり、福利厚生の内容が変わってしまう場合があります。

でも「知識と経験」は自分がコントロールできるものなので、無限の可能性を秘めています。

「知識と経験」を活かして活躍人材になり、目標としていた収入や福利厚生を得ることができます。

「働きやすさ」を具体化する

仕事をする上で「働きやすさ」は、長期間の勤続や仕事へのモチベーションアップに繋がってきます。

ここで働きやすさの一例を挙げてみます。

  • 休みがとりやすい
  • 自分が成長できるチャンスがある
  • 失敗について強く怒られず、次の仕事に活かそうという社風がある
  • 一緒に働く仲間と相性が合う
  • 人間関係がフラット
  • 皆がいきいきと働いている

働きやすさと一括りに言っても人間関係に的を絞ったものだったり、社内の雰囲気について的を絞ったものなど定義の仕方は人それぞれ異なります。

なので自分にとっての「働きやすさ」を具体化しておくことで、転職先を探すときに自分が求めている働きやすさとマッチングしているかという視点を持ちながら転職活動が出来ます。

「活躍の可能性」がある企業を選ぶ

転職をするからには、難しい課題の解決や売上向上への貢献をするなど「活躍人材」になれる可能性がある企業に入りたいですよね。

企業によっては決められた範囲の仕事だけをやってもらうなど、活躍のチャンスを与えてくれない企業は沢山あります。

でもそんな企業にいたのでは、「働きがい」がなくなってしまい仕事への意欲が落ちてしまいます。

働きがいは仕事の原動力

仕事をする上では「働きがい」がとても重要です。

いくら働きやすい環境でも、「働きがい」が持てないと仕事は長く続きません。

自分に期待してくれて難しい課題解決業務や、取引先との交渉を任せてくれる機会が豊富な企業の従業員は「今の仕事に働きがいがある」と答える人が多いようです。

難しい仕事ややったことのない仕事にチャレンジして達成でき、大きな影響を人に与えることができれば「働きがい」を感じることができるからです。

活躍の可能性があるかは面接で聞こう

ではどうやって活躍するチャンスがあるかを見極めればいいのか?

面接の際に、面接官から最後に質問はなにかあるか必ず聞かれます。

その時に以下のことを聞きましょう。

  • 決められた仕事だけではなく、手を挙げれば自分が望む任せてもらえる社風か
  • 最近、社内で活躍した人材についての人物像や活躍した背景を教えてもらう

この質問に対して面接官がスラスラ答えてくれるような企業なら、活躍のチャンスがあります。

逆に面接官が考えこんでしまったり、口ごもってしまった場合は活躍のチャンスが無い可能性が高いと考えてOKです。

まとめ:「自分を知ること」・「転職の方向性を定める」を最初に行うことが重要

失敗転職をしない為には「自分」・「職業」・「働く環境」のマッチングレベルを上げることが重要になります。

その為にまずは自分を知ることから始め、次に自分がやりたい職業を知っていく為の整理をしていきましょう。

そうすることで、働きがいをもって仕事に取り組める企業と出会う可能性が高くなります。

失敗転職を繰り返さないためにも、「自分を知ること」・「転職の方向性を定める」という事を時間をかけて行っていきましょう!

POSTED COMMENT

  1. […] 詳しくは次の転職を失敗したくない人に読んでほしい!転職で失敗しない為の心得で紹介してるので是非ご覧ください。 […]

  2. […] 次の転職を失敗したくない人に読んでほしい!転職で失敗しない為の心得「こんな仕事やるはずじゃなかった」 「職場の人間関係がギスギスしていて居心地が悪い」 「イメージしてい […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です