人間関係

職場の人間関係がめんどくさい…そんな時こそ「上司」を頼ろう

「なんであの人は自分にだけ冷たくしてくるんだろう…」

「最近、一緒に働くことになった人と気が合わなくて仕事がやりづらい…」

「仕事だからとはいえ、苦手な人とは一緒に仕事がしたくないな…」

仕事をしていると一緒に働いている人たちや、仕事は違えども同じ空間で働いている人たちとの人間関係が「めんどくさい」と感じるときがあります。

あなたは「めんどくさい」と人間関係に対して感じたときに、どのような対処をしていますか?

多くの人は、自分一人の力で何とかしようとするはずです。

しかし、ストレスなくかつ円満に職場の人間関係に対するめんどくさいを解決するには「上司を頼る」ことが1番です。

今回は、上司を頼ってどのように人間関係のいざこざを解決していくか僕の実体験を交えて紹介していきます。

なぜ「自分一人」で人間関係のめんどくさいへ対処してはいけないのか

自分一人の力で、職場で抱えている人間関係のいざこざを解決することは至難の業です。

なぜかというと、「人間力」が求められるからです。

たとえばですが、自分が苦手と感じている人が職場内にいたとします。

その人とは、業務上関わりがあります。

でも苦手と感じている人とは、極力接触を避けたいと思うはずです。

この重苦しい関係性を打破するために、自分一人で出来ることといえばこんなことが挙げられます。

  • 苦手意識をなくし、積極的に会話する

  • 一度、ご飯を一緒に食べに行き腹を割って話をしてみる

ですが、上記の行動が出来る人は稀です。

なぜかというと、自分が苦手と感じている人に対して「出来るだけ関わりたくない」という本能が働いてしまうからです。

そして結局、お互いが気まずい関係性を保ったまま月日が経ってしまい何も変わらないからです。

人間関係のいざこざは「上司」という権力者に仲裁してもらおう

自分一人で解決できないなら、一体だれを頼ればいいのでしょうか?

そう、あなた直属の「上司」を頼ればいいんです。

上司を頼ることが良い理由は、下記のとおりです。

  • 具体的な解決策を示してくれる

  • 一緒に「どうすれば今のいざこざ」を改善できるか親身になって考えてくれる

  • 一定の権限を持っているので、人間関係のいざこざを解決するための具体的な行動をしやすい

いま、人間関係が「めんどくさい」と感じているけどこれといった打開策を立てられていない人はまず上司を頼ってみてはいかがでしょうか。

必ず、今のマイナスな人間関係をプラスに変えていけます。

まとめ:マイナスな人間関係は、上司の力でプラスに変えることもできる

1人でこなせる仕事はありますが、大多数の仕事は「誰か」と協力して行うものです。

だからこそ、職場での人間関係は「良い」に越したことはありません。

なぜなら、築き上げてきた信頼関係が仕事の成果に結びついていくからです。

いま働いている職場で人間関係が上手くいていないようなら、迷わず上司を頼りましょう。

上司があなたの救いの女神となってくれるはずです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です