仕事に活かせるプチ情報

読書・勉強した内容を覚えられない…エビングハウスの忘却曲線の存在

みなさん、読書や勉強などをすることってありますよね。

でもこんな悩みを抱えている方いらっしゃいませんか。

読んだ本の内容が中々覚えられない!!

勉強して覚えたと思っていた内容がテストになると忘れてしまっている…

 これは読書・勉強で得た知識・情報が「短期記憶」になってしまっているからなんです!!

「短期記憶」を「長期記憶」に変換することができれば読書・勉強で頭に入れた内容を忘れることなく知識として使っていくことができます。

今回は短期記憶と長期記憶について「エビングハウスの忘却曲線」という実験結果の解説をしていきます。

エビングハウスの忘却曲線とは

心理学者のヘルマン・エビングハウスが「人間の脳が時間の経過によってどれくらいの内容を忘れてしまうか」をグラフにしたものが「エビングハウスの忘却曲線」とよばれています

簡単に言うと「人間の記憶力についてまとめた」というグラフです。

「エビングハウスの忘却曲線」によると人間の記憶は以下の経過時間とともに忘れ去られてしまうみたいです。

  • 20分後→42%
  • 1時間後→56%
  • 1日後 →74%
  • 1週間後→79%

え、20分後には「43%」も忘れてしまっているの!?

って僕はおどろいてしまいました。

読書だと次の本を読むころには、前に読んだ本の「70%」は忘れてしまうみたいです…

確かに日常生活の中で会話をしているときに

「えーとなんだっけ、あれだよ、あれあれ……思い出せない!!!」

というシーンよくありますよね!

これは一度覚えた内容が「短期記憶」で終わってしまっているからなんです!

でもこのエビングハウスの忘却曲線には「例外」があったんです!!

エビングハウスの忘却曲線の「例外」

例外とは、「興味を持っているもの」については記憶力が長期間に渡り持続するようなんです。

例えばですが、

・大切な人とのデートや旅行

・好きな趣味に関する知識

これらは忘れることってないですよね?

なので何事に対しても「興味をもって学ぶ・取り組む」事が出来る人が結果的に知識人になっていくんだと思います!!

「短期記憶」→「長期記憶」にするには

「短期記憶」にとどまってしまうから読書・勉強した内容を忘れてしまうわけなので、これを「長期記憶」にするよう自分の脳を仕向ければいいんです!!

脳は何度も見ている情報を「重要」と判断することで「長期記憶」に変換されるみたいです。

具体的には、

  1. 何度も復習をする
  2. 同じ本・教材ではなく別の本や教材で復習する。

②については、違う視点・文章から出てきた「未知の情報」の中に何度も見た情報があったほうが脳が「重要な情報」と判断しやすく、「長期記憶」になりやすいんです!

「エビングハウスの忘却曲線」まとめ

まとめ

読書・勉強で得た知識をずっと覚えてためには以下の点を意識しよう!

・興味をもって取り組む、学ぶ

・何度も復習する

・違う本・教材を使って復習する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です