転職

転職がなかなか決まらない…そんなときの対策法【実体験】

転職活動を始めてみたけども、

  • 書類選考が通らない
  • 面接で落とされてしまう
  • 内定はもらえたけど希望していた条件と違う

など、思うように転職活動を進められない事ってありますよね。

ぼくも書類審査、面接で落とされてしまうことが多々ありました。

とくに書類審査で落とされることが続いてしまったときは、社会から必要とされていないんじゃないかと錯覚してしまうほど落ち込むことも。

そんなときに僕が以下の2つを達成するために実践した対策を紹介していきます!

  • 書類審査→職務経歴書をバージョンアップし、通過率を上げる
  • 面接→プロに指導をしてもらうこと通過率を上げる

書類審査の通過率アップのカギは「職務経歴書」

新卒での就活とは違い、転職では職務経歴書を企業へ提出するのが当たり前です。

職務経歴書とはどういうものか一言で言うと、「自分のしてきた業務内容・取り組みと身に付けたスキルをアピールするもの」になります。

このアピールのを間違ってしまうと、せっかく活かせるスキルや実績を持っていても書類審査で落とされてしまいます。

ちなみに職務経歴書はイチから自分で作る必要はありません。

転職サイト(リクナビNEXTやマイナビ転職)にフォーマットがあるのでダウンロードして使うか、転職エージェントを利用した場合はエージェント側でフォーマットを用意してくれるのでそれを使えばOKです。

では具体的にはどのような所にポイントをおいて職務経歴書を作っていけばよいかを解説していきます。

担当していた業務

自分が担当していた業務を、相手に伝わりやすいよう簡潔に書きましょう。

例えばこんな感じです。

■経営会議資料作成
・約10部門の資料作成
・損益資料作成
■各種分析資料作成
・チラシ配布時の売上相関検証
・閉店候補リスト作成
・出店形式別売上分析
・その他分析資料
■経理業務補助
・レジ現金誤差管理
・家賃支払処理
・公共料金口座引落移行手続き
・税理士事務所やり取り

メイン業務をかき出し、それに付随している作業内容を書きだす感じですね。

ここを具体的に書くことにより、企業側はあなたがどんな仕事をこれまでやってきたか理解することができ、即戦力として活躍してくれる人材かを判断しやすくなります。

取り組みと成果・評価

担当していた業務の改善活動などの内容とその成果をここでは書いていきます。

例えばこんな感じです。

【取り組みと成果・評価】
・6時間かかっていたエクセルの集計業務を、関数を用いて30分まで短縮することに成功しました。
・エクセルを使った資料作りに関して、読み手に取って見やすい資料作りを心掛けて作成していたところ、「君の作った資料は見やすいね」と評価していただくことが出来ました。

ここでは付加価値を生み出すことのできる人材かどうかを見られます。

作業ではなく、企業にとって付加価値や利益を生み出してくれる人材を企業は求めているのでここは重要ポイントになります。

身についた知識・スキル

担当業務や改善活動などを通じて身に付けられた知識やスキルをここでは書いていきます。

例えばこんな感じです。

【身についた知識・スキル】
・見やすい資料作り
・エクセルを用いた集計業務等の効率化
・数字を読み解く力(BS・PLなど)

ここではあなたが、業務などを通じてどんな成長を遂げられたかを見られます。

企業は日々成長していき、利益を上げていかなければいけません。

そのためにも、企業と一緒に成長を遂げてくれる人材を望んでいます。

面接対策で大切なのは、プロに指導してもらう事

面接対策のノウハウは、転職サイトやネット、本にたくさん出回っています。

僕も2回目までの転職は、転職サイトに書かれてあるノウハウをもとに面接対策をしていました。

しかし情報量が多すぎてどこから手をつけてよいのか分からず非効率な面接対策をしてしまっていましたね。

しかし3回目の転職活動をしているとき、転職エージェント担当者の方に面接対策をしてもらうことになりました。

今までは一人で想定問答集をもとに面接官役と自分役を演じて面接対策をしていたのですが、対面で面接練習することのよさをこの時実感しました。

そして何より、転職のプロにその場で的確なフィードバックをもらえることが一番良い点だなと感じました。

一人で面接対策をすることもできますが、無理せず転職のプロに面接対策をしてもらうのがベストです。

まとめ:職務経歴書はポイントを絞って作成、面接対策はプロにお願いするのがベスト

職務経歴書は、書きたいことだけを書くのではなくて見る側の立場も考えポイントを絞って簡潔に仕上げましょう。

面接対策は、ネットに出回っている情報をもとに一人で行うのではなく、転職のプロであるエージェントの方に面接対策をしてもらいましょう。

この2点を実践することで、確実に書類審査通過率と面接通過率は上がります。

転職活動が上手くいってない方はいまから実践してみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です