転職

転職の満足度が高い人は「活躍のチャンス」があるかで企業を選んでいた

「転職してからは目に見える成果を出すことができて、とても満足!

「年収UPと福利厚生の手厚さに惹かれて転職したけど、思うように成果が出せない…」

転職をしたあとの感想として、「満足出来ている人」と「失敗したと後悔をする人」の2パターンに分かれてきます。

「満足できた」と感じる人の中には、年収が上がった・やりたい仕事が出来るようになった、など色んな要素があります。

しかし一番多いのは「成果が出せている」という点です。

ではなぜ、「成果を出せる」が転職の満足度へつながっていくのかを今回は紐解いていきましょう。

目先の条件の良さだけにこだわるのはNG

転職するとなったらあなたは初めに何を考えますか?

おそらく給与や福利厚生・仕事内容などはどんな希望にしようか考えるはずです。

ですが給与などがUPするだけで果たして「転職してよかった」と心から感じることが出来るでしょうか。

実際に働き始めてから、仕事へのやりがいを感じられるようにならないと物足りなさを感じてしまうと思います。

転職に求めるものとして「やりがい」って必要?と感じた方はこちらの記事をどうぞ。

https://tsukku.com/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%81%A7%E3%80%8C%E3%81%8A%E9%87%91%E3%80%8D%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E3%80%8C%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%84%E3%80%8D%E3%82%92%E5%84%AA%E5%85%88%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8D3

活躍のチャンスがある=成果を出せる環境がある

いくら仕事が出来る優秀な人でも、「活躍できるチャンス」がないと成果を上げることは難しいです。

ここであなたに質問です。

以下のA社とB社ではどちらの方が成果を出しやすいと思いますか?

A社」

決まった仕事だけではなく、あなたに出来そうと思えるような仕事やプロジェクトがあれば任せてくれる

B社」

決まった仕事だけをミスなくこなしていればいいというスタンス。降ってくるのは「定型業務の山」ばかり。

はい、答えはA社ですよね。

「チャンスは自分で掴みに行くものだろ!」と思った方もいると思います。

しかし自分から手を挙げてチャンスを掴みに行けるような人はごく稀です。

活躍のチャンスがたくさんあるという、ポジションな環境に飛び込んでいくことが大事です。

活躍のチャンスがあれば内定時の年収は気にしなくてよい

活躍のチャンスをしっかり成果につなげることが出来れば、自然と年収は上がっていきます。

企業は優秀な人材にもっと活躍してほしいという期待と、ずっとうちで働き続けてほしいという想いから成果を出している社員の給料はUPさせるのが当然です。

成果を出している社員の給料を上げない会社の場合は、居続けても時間の浪費なので転職を考えた方がよいでしょう。

活躍チャンスのある企業かを確かめる方法

では活躍チャンスがあるかは、以下の方法で確かめることができます。

  1. 中途を活かすカルチャーはあるか

    ・役員が新卒出身者で占められていないかを確認する

     ・面接で新卒と中途の割合がどのくらいか聞く

  2. ②自分の職種が会社の強みと一致しているか

    ・自分が行きたい会社の商品やサービスに触れ、どこが好きなのかを考える。1つも出てこなかったら転職は考えなおしたほうがよい

まとめ:目先の利益にとらわれず、入社後の満足度を第一に考えよう

活躍できるチャンスが広がっていれば、おのずと成果は出せるようになります。

そして働きがいも持てるようになっていき、人生の幸福度も比例して上がっていきます。

年収や福利厚生などの目先の利益にとらわれず、入社後にいきいきと働けているかをイメージしながら転職活動をしていきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です