本からインプット

転職への考え方が変わる!「一生、同じ会社で働きますか?」

こんにちは「つっくー」です!

みなさん転職に対してどのような考え方をもってますでしょうか。

否定的な考え方もあれば、肯定的な考えもあると思います。

ぼく自身ははじめの頃は否定的な考え方をしていましたが、1回目の転職をしたことをきっかけに考え方が「肯定的」になりました。

今回は働きがいや待遇などの改善を求め、転職するかどうか悩んでいる方へ、転職についての

  • 哲学
  • 人生設計
  • 作法

を教えてくれる「一生、同じ会社で働きますか?」を紹介していきます!

著者の紹介

山崎 元

1958年北海道生まれ。

証券会社や商社などをメインに「12回」の転職を経て現在は経済評論家として活躍中。

オススメの理由

本書は自己啓発のような内容ではなく、「教科書」のような内容になっています。

まさに「転職の教科書」と言えます。

なので僕のように転職経験が多い方ではなく、「転職経験が少ない」もしくは「初めての転職を考えている」という方ににおススメの内容となっています。

ぼく自身、初めての転職をするときは

  • 転職についての基本的な考え方と心構え
  • 転職という選択をした後のキャリアプラン
  • 転職のコツと注意点
  • 転職者のビジネス心得

などがよく分かっていない状態で転職をしてしまい、結果ブラック企業に入社するハメになってしまいました…

ブラック企業での経験談についてはこちらの記事をご覧ください!

転職経験談2社目 前編【営業って想像以上につらい…ノルマに苦しむ日々】 希望していた会社から内定をもらい新卒入社した1社の会社を辞め、2社目の会社へ入社することが出来ました。 転職経験談1社目をまだ見てない...

良い経験ではありましたが完全に入る会社を間違えてしまいました。

本書に書いてある「転職への考え方」を心得ていれば、もっと有意義な転職ができていたと思います。

転職の「哲学」(考え方・心構え)

転職についての考え方・心構えには以下のものが挙げられます。

  1. 「時間」「お金」「自由」は転職で交換できる
  2. 転職には「テーマ」を持つ
  3. これなら負けないという、仕事に対するプライドを持つ

特に「時間」「お金」「自由」は転職で交換できる、というのはぼく自身実感しています。

今は4社目の会社で働いているのですが、社会人生活史上で初めて「時間」「お金」「自由」を手に入れ、日々働きがいをもって仕事に励めています。

この3つの自由を手に入れるために今は「起業」「フリーランス」など色んな選択肢がありますが、「転職」でも充分この3つは手に入れられるんです。

また、経営の神様と呼ばれるドラッカーも「職業選択」と「辞めることが正しいとき」についてこんな言葉を残しています。

【職業選択】

  • 「今日の問題は選択肢の少なさではなく、逆にその多さにある」
  • 「正確には何をしたらよいではなく、自分を使って何をしたいかである」
  • 「最初の仕事はくじ引きである。最初から適した仕事につく確率は高くない」

【辞めるときが正しいとき】

  • 「組織が腐っているとき、自分がところを得ていないとき、あるいは成果が認められないとき」
  • 「閉じ込められているほうは飽きる。燃え尽きたのではない」

転職による「キャリアプラン」

よく「好きなことを仕事にする」「夢だったことを仕事にする」などの理想を抱いている方は多いと思います。

でも初めから「明確なやりたい仕事」を持っている人ってほんの一握りだけなんです。

多くの人は「仕事」と「夢」を結び付けれれていないです。

でも好きなことを見つけられていないことについて焦りを感じつ必要は全くないです。

周りにも「自分の好きな仕事はこれだ」と断言できる人は少数なので焦りを感じたり自分を責めたりするのはやめましょう。

転職の「作法」(コツと注意点)

転職活動をする上で一番大切なことは、

  1. 働きながら転職活動をする
  2. 職務経歴書を面接に呼んでもらうための手紙と思って書く
  3. やる気より能力を伝える
  4. 可能であれば有給休暇を使い、余裕を持った状態で面接に行く
  5. お金の話は最後にする
  6. 仕事は短期間で綺麗に引き継ぐ

特に「職務経歴書を面接に呼んでもらうための手紙と思って書く」というのは僕が転職活動をしていた時に意識して取り組んでいました。

転職活動をしているうえで何が一番つらいかというと「予想しているより多く書類審査で落とされる」ことです。

一般的に書類審査通過率は「30%~50%」と言われています。

でも僕の場合、1回目と2回目の書類審査通過「20%」くらいで、10社応募してなんとか2社書類審査が通るという時もありました。

3回目の転職活動時に「職務経歴書は面接に呼んでもらうための手紙」と考え、職務経歴書をバージョンアップしたところ書類審査通過率が「30%~40%」まで上がりました!

まとめ:転職は「時間」「お金」「自由」を手に入れる選択肢の1つ

今後、定年年齢が「65歳以上」と人によっては50年以上働くのが当たり前な世界になっていくことが予想されます。

長く働くと分かっているなら「自分の力・価値を100%以上発揮できる」「自分らしさを大事にして働ける」、そんな会社で働きたいですよね。

毎日同じ仕事と生活リズムを繰り返す日々に疑問を感じている、だけども現状を打破するような行動が出来ていない。

そんな方は今の状況を変える手段の一つとして「転職」を1つの選択肢として考え、行動しましょう!

「転職」という一歩が、今後の人生を変えるかもしれない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です