転職

転職経験談1社目 前編【高校卒業して新卒入社した会社を約3年で転職】

皆さん「転職」はしたことありますでしょうか?

僕は今まで「3度」の転職をしてきました。

高校卒業という学歴でかつ、僕のように20代前半でこの転職回数というのはあまりいないと思います。

僕が転職をしてきた理由は様々で、挑戦したい・辛い・ブラック企業だったなどいろいろとあります。

ちなみに今は、毎日やりがいを持ちながら充実した会社員生活をおくることができています。

会社員として今働いている方の中には

  • 転職したいけど勇気が湧かない
  • 転職したいけど具体的な活動の仕方・流れなどがわからない

など、「転職」に関する色んな悩みを抱えていらっしゃる方がいると思います。

まずここでは「新卒で入社した会社(1社目)」について、以下の2点について書いていきたいと思います!!

・どういう仕事をしていたか

・なぜ安定を捨てて転職しようと思ったのか

【つっくーの転職履歴書】

まず僕の転職履歴についてですが、こんな感じになっています。

・1社目→新卒で不動産・建築の会社に「経理」として入社。約3年経理業務に従事。

・2社目→ひかり回線の販売代理店へ入社。営業(訪問販売)に約8か月従事。

・3社目→ペットショップ会社へ入社。経営企画のような仕事に約1年半従事。

・4社目→飲食店会社に入社。経理をメインにバックオフィス業務へ従事(今ココ)

…改めて見ると僕転職しすぎですね。

地元の友達とかに転職したことを報告するといつも

また転職したのか!?

年収下がるんじゃないの!?

など心配の声をいただいていました。

それに比べ両親は基本的に放任主義なので、転職した旨を報告をすると

「ああ、転職したんだ。まぁ健康体で元気ならそれでいいから頑張れ!!」

と毎回言ってくれていました。ほんと、いい親に恵まれて僕は幸せ者です…

【1社目:3年間、不動産・建築会社を退職した時】

前置きが長くなりましたが、早速1社目を転職することになった経緯を説明していきたいと思います!

1社目は高校卒業後入社しました。(新卒入社)

約3年間経理として働いていたのですが、以下の理由から転職を決意しました。

  • この先、経理1本で飯が食っていけるのか不安になった
  • 当時与えられていた業務量が多すぎて(キャパオーバー)、この先この業務量をこなしていけるのかという「不安」と、与えられていた業務レベルに自分の能力が追い付いていなく「逃げたい」という気持ちが強くなった
  • 経理以外、例えば営業とか多種多様な仕事をこなせる人材になりたいと思うようになった。 (いわゆる多動力)

当時は「転職」ということに対して「マイナスなことだ!!」と考える方が多かったです。

なので、会社の人たちの約80%くらいの方々には転職することに反対されました。

【上司へ退職することを伝えた時の出来事】

上司に会社辞めることを報告するときはもうそりゃ心臓ばっくんばっくんで声掛けようと思ったら30分経ってたとかありました…

案の定、上司には引き止められました。

面談3回はしました。

あれが僕の事を想ってくれてのくれての引き止めか、単純に人が減ると困るからという引き止めかは今はもうわかりませんが。

【周りの人たちの反応】

①両親

→冒頭にも書きましたが、両親は放任主義なので転職には賛成してくれ、

 背中を押してくれました。両親に反対されていたら一体どうなっていたことやら…

②地元の友人

→反対はされませんでしたが、「転職して生活不安定になったりしない、大丈夫??」という風に心配されてしまいました。

そんな中でも「アメリカ人みたいでいいじゃん、エリート街道じゃん!!」と持ち上げてくれる友人もいました。

③会社の人たち

→約80%の方々から反対されましたね。やはり当時は転職に対してよいイメージがなく、その風当たりをまともに受けてしまいました。

その時は初めての転職だったので、「円滑な退職方法」とか「転職活動の進め方」とか「自分に合った求人の見分け方」とかいろいろと会社の先輩方に相談しました。

でも大体はまず最初に「転職はもっと先にしたほうがいいんじゃない?」など止められることが多かったです。

そんな中で親身に相談乗っていただいた先輩には今でもすごく感謝しています。

まとめ:初めての転職は反対にあいやすいけど、自分の意思を貫き通そう

初めての転職は特に周りの人たちからの反対を受けやすいです。

でも自分で一度きめたことなら、周りの反対は無視して転職してしまいましょう。

また、転職理由がマイナスな理由だからと転職をためらっている方もいると思います。

でもマイナス理由でも大丈夫です、僕もこれまでの3度の転職にマイナス理由は沢山あったので。

マイナスな転職理由はポジティブ変換してあげれば「No Problem」だと思いますし、周りの反応もあまり気にせず自分自身の人生なので自信をもって転職すれば良いなと思います。

後編では1社目を退職することが決まった後の転職活動について書いていますので、こちらからどうぞ。

高卒サラリーマンの転職経験談1社目 後編【初めての転職活動 ノウハウは転職エージェントに教わるのがベスト】 転職経験談1社目 前編では僕の「転職履歴」と1社目の会社を辞めた時の「周りの反応」をメインに書かせていただきました。 まだ読まれていな...