転職

転職経験談2社目 前編【営業って想像以上につらい…ノルマに苦しむ日々】

希望していた会社から内定をもらい新卒入社した1社の会社を辞め、2社目の会社へ入社することが出来ました。

転職経験談1社目をまだ見てない方はこちらからどうぞ

転職経験談1社目 前編【高校卒業して新卒入社した会社を約3年で転職】 皆さん「転職」はしたことありますでしょうか? 僕は今まで「3度」の転職をしてきました。 高校卒業という学歴でかつ、僕のように20代前半...

1社目では経理の仕事をしていたのですが、2社目では営業の仕事に転職。

経理→営業へジョブチェンジを果たしました。

しかし、ジョブチェンジは果たしたのは良いものの営業の仕事は想像していたよりもはるかに苦しかったです。

今回はジョブチェンジを果たした2社目での

  1. つらかった営業の仕事内容
  2. 経理→営業へのジョブチェンジで苦労したこと

について紹介していきたいと思います。

つらかった初めての営業 その仕事内容

仕事内容についてはこんな感じでした。

  • 営業スタイル→訪問販売(新規開拓営業)
  • 商材→ひかり回線
  • 営業対象→集合住宅にお住いの方

新卒で入社した会社では、高校で勉強していった「簿記」の知識を生かせる「経理マン」として働いていました。

今回はなんと「営業(訪問販売)」という職種で転職をしました。

なぜ営業という職種を選んだかというと

  • 営業において自分がどこまで売り上げを上げられるか試したかった
  • もっと人との関わりを持てる仕事がしたかった
  • コミュニケーション能力・交渉術を身に付けたかった

この3つの理由から「営業(訪問販売)」の仕事を選びました。

しかしここで1つ落とし穴が…

営業の仕事をしてみたかったのは事実なのですが、「訪問販売」というスタイルでやりたかったわけではありません。

当時の求人には仕事内容として「webプロモーション・提案営業」と書かれていました。

なので勝手に「webの提案営業か、かっこよさそうだしやりがいありそうだ!!」と安易な気持ちで応募し、入社を決めてしまいました…

入社してみたら仕事内容が「訪問販売」ということが判明し、入社日に途方にくれたのは今でも鮮明に覚えています。

でも入社したからには「やるしかない!!」

そう自分を奮い立たせて仕事に取り組んでいました。

まず入社してから2か月は「アルバイト」として働いていました。

なのでこの期間だけは時給制で給料を貰っていましたし、社会保険もこの期間は入らせてくれなかったので「国民健康保険」に加入していました。

無事に与えられたノルマをクリアしたら「正社員」になれるという仕組みだったので、2か月間は死に物狂いで営業回ってました。

でも訪問販売って世間的なイメージがよくないせいもあって、行く先々で

  • 「けっこうです。」
  • 「管理人に許可得てるの?」
  • 「勝手に入ってんじゃねーぞ!」
  • 「ここから突き落とすよ?」

など罵詈雑言を浴びることが多々ありました。

でもこの経験があったからこそ「雑草魂」「目標達成への執着」「ストレス耐性」を身に付けられたと思います。

経理→営業へのジョブチェンジで苦労したこと

  1. 勤務時間中はほぼ外にいて歩き回っているので「体力的につらかった」
  2. 毎日が新規開拓営業なので断られることに「嫌気がさした」
  3. 営業スキルが一切なかったので、最初の申込を獲得するまでが大変だった

①に関しては、朝事務所に出社して朝礼や営業先を決めてからはずっと外にいるので最初の頃は特に体が思うようについて行かなかったですね。雨の日や冬は最悪のコンディションですね、営業回る気が失せてました当時は笑

②はやはり訪問販売に対しての世間イメージが悪く、基本は断られたり場合によっては罵詈雑言浴びるときもありましたね…

先輩の中には「包丁を突き付けられた」という方もいた程なので…

③についてはひたすら「先輩とロープレ」「カラオケで一人ロープレ」「営業現場で実践」を2か月間繰り返していました。

初めはぎこちない営業トークしか出来ていなかったですが、繰り返し練習することで基礎的な営業スキルは身に付けることができました。

【番外編】訪問販売(セールス)の回避方法

本題とは少しずれてしまいますが、皆さんに訪問販売が来た時の上手い回避方法をお教えしようと思います。

基本的には皆さんは訪問販売に対して

  • 怪しい・怖い
  • 商品を押し売りされそう

このようなイメージを持たれていると思います。

訪問販売をしている人の中にはちゃんとお客様のことを第一に考え、商品を買ってもメリットを享受できない場合は無理に営業はかけません。

しかしごく一部の方は強引な押し売りなどをしている方もいらっしゃるので上記のようなイメージがついてしまっているのだと思います。

なので基本的に訪問販売の応対はしたくないという方、自宅に訪問販売が来たら以下の対応をしましょう!

  1. インターホンでの応対時に「同じような営業が来ましたが断りました」と答える
  2. インターホンがなっても「無視する」

基本的に皆さんは

②インターホンが鳴っても「スルーする」という対応を取っている方がほとんどだと思います。

これをやってしまうと訪問販売する側は

「また時間・曜日をずらして再訪問しよう」

となってしまい、何度か不快な思いをしてしまうハメになります。

また、明らかな居留守(明かりがついている・テレビの音がする)を使ってしまった場合は

訪問販売している人によっては執拗にインターホンを鳴らしたり、玄関をノックしてくる場合もあるので基本的に「インターホンでは応答する」ようにしましょう。

一度応答して断ってしまえばしばらく訪問してくることはないので是非実践してみてください!

転職経験談の2社目後編はこちらから

転職経験談2社目 後編【営業特有のノルマや拘束時間の長さがつらくなり、転職を決意】 前回の記事 高卒サラリーマンの転職経験談2社目 後編では、新卒の会社を辞めて転職した2社目での 営業の仕事内容 経理→営業へのジョ...

まとめ:営業は基本的に苦しいけど新しい世界観と対人スキルを身に付けられる

マイナスなことばかり言ってしまいましたが、結果的には以下のような経験・知識を得ることが出来たので営業へ転職して正解でした!

  1. 営業という世界
  2. 営業スキル
  3. ひかり回線の知識
  4. 目標達成に対する執着心
  5. ストレス耐性

営業にはマイナスイメージがつきまといがちです。

僕の場合はそのイメージ通りマイナス面なことが多々ありましたが、それと引き換えに得られたものもたくさんあります。

期間を自分なりに決めて営業という仕事にチャレンジするのもアリです。

次は僕が2社目を辞めることをを決意して、転職活動をしたときの記事になります。

具体的にどんな部分に耐えたれなくなり転職するに至ったか、そして2回目の転職はどのように進めていったかなどを紹介しています。

転職経験談2社目 後編【営業特有のノルマや拘束時間の長さがつらくなり、転職を決意】 前回の記事 高卒サラリーマンの転職経験談2社目 後編では、新卒の会社を辞めて転職した2社目での 営業の仕事内容 経理→営業へのジョ...

POSTED COMMENT

  1. […] 高卒サラリーマンの転職経験談2社目 前編【訪問販売とノルマへの苦難】 こんにちわ「つっくー」です! 希望していた会社から内定をもらい、何とか1社目を辞めて次の会社へ入社した時 […]

  2. […] 高卒サラリーマンの転職経験談2社目 前編【訪問販売とノルマへの苦難】 こんにちわ「つっくー」です! 希望していた会社から内定をもらい、何とか1社目を辞めて次の会社へ入社した時 […]

  3. […] 高卒サラリーマンの転職経験談2社目 前編【訪問販売とノルマへの苦難】 こんにちわ「つっくー」です! 希望していた会社から内定をもらい、何とか1社目を辞めて次の会社へ入社した時 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です