転職

転職経験談2社目 後編【営業特有のノルマや拘束時間の長さがつらくなり、転職を決意】

前回の記事 高卒サラリーマンの転職経験談2社目 後編では、新卒の会社を辞めて転職した2社目での

  • 営業の仕事内容
  • 経理→営業へのジョブチェンジで苦労した話

について書かせていただきました。

まだ読まれていない方はこちらからどうぞ

転職経験談2社目 前編【営業って想像以上につらい…ノルマに苦しむ日々】 希望していた会社から内定をもらい新卒入社した1社の会社を辞め、2社目の会社へ入社することが出来ました。 転職経験談1社目をまだ見てない...

今回の「後編」では、

  1. 転職を決意した理由
  2. 2回目の転職活動をどのように進めたか

この2つについて紹介していきます。

営業の仕事内容や日々のノルマに苦しんでいる営業の方必見です。

営業ならではの労働環境に耐えられず、転職を決意

2社目で営業の仕事をしていた会社は「約8か月」で退職しました。

ほとんどの方は「え、辞めるの早くない!?」と思われたでしょう。

でもこれ以上続けていても「自己の成長」「時間の有効活用」が出来ないなと思い、早めに見切りをつけて退職しました。

押し売りする事に耐えられなかった

突然ですが、「売れる営業」というのはこのような条件を兼ね備えた方だと思います。

  • 売ろうとしない
  • 顧客の役に立とうとする
  • いい関係を構築できる顧客を探す
  • 信頼を稼ぐ

営業をやっていた時の僕には何一つあてはまるものがないです。

それくらい当時は押し売りが強かったんです。

なぜ押し売りになってしまうかと言うと、ノルマを達成しなければいけないという使命があるからです。

ひかり回線って多種多様なものがあって、大体の方は自分にあったプラン(携帯とひかり回線をセットにして安くしているなど)を既に契約されている方が多いです。

そこにいきなり、「違うひかり回線に乗り換えませんか??」ってアプローチかけてもお客様の心に全く響かないんです。

理由は単純で、毎月の料金が高くなるから。なので

  • 「回線速度が上がります」
  • 「今まで使えていなかったサービスが利用できるようになります」
  • 「ほかの方も乗り換えているので、お客様も乗り換えた方がいいですよ」

と言って「押し売り」という形になってしまいます。

とはいっても僕の性格的に押し売りなんてできるはずがないので、お客様に「YES or NO」で聞いて、「YES」で答えてくれたら申込は進めるようにしていました。

拘束時間が長かった

・1か月の休みは「6日」

・1日の労働時間は「約12時間」

我ながらこの休みの数と1日の労働時間の長さによくついて行けてたなと思います…

今もう一度同じ環境で働くとなったらすぐ転職することでしょう。

休みが「1ヵ月に6日」ということに対してはネガティブな感情は抱いていませんでした。

当時はこれといった趣味もなかったので。

ネガティブな感情を持っていたのは「1日12時間」労働でした。

午前9時~午後9時までの約12時間を毎日営業回るって体力的に相当きつかったです。

でも12時間ずっと営業回っている人は全体の5%未満くらいで、大体の方は喫茶店で営業先のリサーチしたり、ゲームして時間つぶしたりしてから営業回ってました。

これはたださぼっているわけではなくて、自宅に人がいる時間帯をピンポイントで狙いに行くためです。

なので平日は夜の時間帯を狙いに行くことが多かったですね。

平日の昼間に営業回っても「自宅に誰もいない」「主権を持っていない人(奥様など)」ということが多いので生産性が全然ないんですよ。ただ体力を削るだけです。

ノルマに耐えられなかった

営業といえば「ノルマ」

僕もノルマにだいぶ苦しめられました。

ノルマ達成したときは周りからもてはやされるし、インセンティブも出るので凄く嬉しいのですがいつも達成できるわけではありません。

ノルマが達成できないと

  • 役員から詰められる
  • 給料が減額される

という制裁が待っていました。

役員から詰められるといっても暴力は基本的にありません。

ただ社長がバリバリ体育会系で、1度だけノルマ達成できなかった時に肩パンチされるというパワハラを受けました。

今では笑い話ですが!

給料減額が一番きつかったです…

途中から給料減額されないためにノルマ達成すべく奮闘していたので、目的意識があらぬ方向に行ってしまってました。

2回目の転職活動はどのように進めたか

今回はこの3つの転職サイト・転職エージェントを利用して転職活動を進めていきました!

  • リクナビネクスト(転職サイト)
  • マイナビ転職(転職サイト)
  • ワークポート(転職エージェント)

最終的には今回も「リクナビネクスト」がきっかけで次の会社へ転職することができました!

リクナビネクストについては以前の記事で紹介しているので、今回は割愛させて頂きます。

リクナビネクストについて知りたい!

という方はこちらの記事をご覧ください!

高卒サラリーマンの転職経験談1社目 後編【初めての転職活動 ノウハウは転職エージェントに教わるのがベスト】 転職経験談1社目 前編では僕の「転職履歴」と1社目の会社を辞めた時の「周りの反応」をメインに書かせていただきました。 まだ読まれていな...

転職サイトの利用【マイナビ転職】

マイナビとは

  • 1995年からサービス開始
  • 第三者機関評価No.1
  • 求人数は常時9千件前後
  • 求人紹介が非常に見やすい・わかりやすい

今回は「リクナビネクスト」と合わせて「マイナビ」も利用しました!

基本的に転職活動をする際は複数の転職サイト・転職エージェントを利用したほうが良いです。

複数利用するメリットは以下の通りとなります!

  1. 多くの求人情報を見ることが出来る
  2. 内定をもらえるまでの期間を早めてくれる

それぞれの転職サイトや転職エージェントには得意な「業種」「職種」などがあります。

なので転職サービスの利用を1つだけに絞ってしまうと「良い転職」への可能性が低くなってしまいます。

複数サービスを利用することによりたくさんの求人を見ることができ、その中から自分に合った転職先を見つける可能性を高くすることが出来ます。

転職エージェントの利用【ワークポート】

ワークポートとは

  • 2003年からサービス開始
  • IT・Web案件に強い
  • 2018年上半期 転職決定人数部門No.1
  • コンシェルジュの対応が丁寧

ワークポートさんきっかけで内定は決まりませんでしたが、今まで受けて転職サービスの中では

「満足度No.1」です!

何といってもコンシェルジュの方の対応がとてもよかったです。

具体的に言うと

  • 自分に合った求人企業の見分け方を教えてくれた
  • 一緒に転職を成功させようという空気感を作りあげてくれた
  • 本番の面接前に、面接対策をしてくれた

こんな感じでした。

コンシェルジュにはよく当たり外れがあると言われていますが、僕の場合は「当たり」だったようです。

まとめ:営業が辛いなら、ほかのフィールドで仕事を探そう

営業の仕事は、誰しもが好きになって意欲的に取り組めるものではありません。

僕のように営業が合わない人も中にはいます。

そんな時は営業というフィールドで無理して戦わず、自分が得意な別のフィールドを探してみましょう。

求人を探すときは職種を絞らず、色んな求人を見ていると自分の良さを活かせる仕事や興味の持てる仕事に出会えるかもしれません。

次は僕が3社目に転職したときの記事になります。

仕事内容のミスマッチや初めてのパワハラ被害について紹介しています。

転職経験談3社目 前編【ミスマッチ・ワンマン社長・パワハラ 3つの試練】 訪問販売という営業スタイル・ノルマという「高い壁」に耐えることが出来なくなり、3社目への転職を果たしました。 転職経験談2社目をまだ見...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です